男の靴雑誌LAST

Features

issue014

SG_Title500

ショップスタッフの声から生み出される可能性。

菅原幸裕│文
text_Yukihiro Sugawara
太田隆生│写真
photographs_Takao Ohta

2018 Only One
仏アノネイ社のストックから選んだグリーンのレザーが美しいサドルシューズ。丸みあるトウと絞った甲部の新しいラストを使い、ダブルソール、さらにシューレースにはワックスを含ませたゴルフ用のものを採用。▷¥43,000(5月下旬発売予定)

2018 Only One
仏アノネイ社のストックから選んだグリーンのレザーが美しいサドルシューズ。丸みあるトウと絞った甲部の新しいラストを使い、ダブルソール、さらにシューレースにはワックスを含ませたゴルフ用のものを採用。▷¥43,000(5月下旬発売予定)

ショップスタッフの声から生み出される可能性。

 グッドイヤーウェルテッドのしっかりとしたつくりで、メイド・イン・ジャパンの靴を体現するようなヒロカワ製靴の「スコッチグレイン」。活動的なビジネスマンの足元を支える頼もしい相棒として、多くの人々に支持されている。そんなスコッチグレインでは、現在年一回「ONLYONE」と題して、限定モデルがリリースされている。今年はフランス・アノネイ社の革を使った、コンビカラーのサドルオックスフォードを2種展開。見慣れたスコッチグレインの靴とは一味違った、個性を感じさせる存在感に仕上がっている。
「店舗の意見を反映させたかったので、各直営店のスタッフに投票してもらって、それを集計するプロセスを経てスタイルを決めています」

 このように今回の「2018NLY ONE」開発の経緯を語るのは、ヒロカワ製靴の廣川達朗さん。そもそもデザイン原案の段階から、店頭に立っているスタッフからアイデアを募ったという。今回使われているアノネイの革など、使用素材等の条件を前提に、デザイン案を4つの直営店がそれぞれ1案ずつ提案。生産する本社の意向なども加味したのち2案に絞られて、それらをもとにサンプルを製作した後、さらにスタッフの投票を経てモデルを決
定した。今回製作したコンビのサドルオックスフォードのアイデアは大阪店が提案したものだそう。

「日々お客様に接しているショップのスタッフとして、こんなものをやってみたいという観点で提案し、また投票しました。従来のスコッチグレインのラインナップにはなくてあったら面白いのではと思う靴を。それはお客様が求めているものを反
映しているところがあるかもしれません」

 こう語るのはスコッチグレイン上野店の石田店長。毎月直営店の店長が集まる会議においてプロジェクトは進んでいくが、スタートから半年はアイデア出しと話し合いの期間と
いうから、文字どおり1年をかけたプロジェクトといえる。そうした丁寧なプロセスを経たからこそ、今回のモデルのようなスコッチグレインの特徴を活かしながらも個性を備え
たモデルが誕生するのかもしれない。今後も毎年「ONLY ONE」モデルが発表されるというから、その進展が楽しみだ。この日も、早速廣川さんを中心にディスカッションが始まっていた。

スタッフのアイデアから絞って各直営店ごとに提案されたデザイン画。仕様なども詳細に考えられている。これらの中からサドルオックスフォードとエプロンフロントダービーの2 案が選ばれ、サンプルがつくられた。

スタッフのアイデアから絞って各直営店ごとに提案されたデザイン画。仕様なども詳細に考えられている。これらの中からサドルオックスフォードとエプロンフロントダービーの2 案が選ばれ、サンプルがつくられた。

2018 Only One
同じく仏アノネイ社の革を使った限定モデル。カーキ&ブラウンの組み合わせがシックな印象。ソールの側面もブラウンカラーに着色。ダブルソールのボリューム感がラストシェイプと合っている。▷ ¥43,000(5月下旬発売予定)

2018 Only One
同じく仏アノネイ社の革を使った限定モデル。カーキ&ブラウンの組み合わせがシックな印象。ソールの側面もブラウンカラーに着色。ダブルソールのボリューム感がラストシェイプと合っている。▷ ¥43,000(5月下旬発売予定)

Semi Brogue
ボルドースエードとホワイトカラーのスムースレザーのセミブローグモデル。他にもネイビースエードを使ったモデルも展開。ソールはレザーソール(写真はラバーソール仕様のサンプル)。▷ ¥43,000(6 月下旬発売予定)

Semi Brogue
ボルドースエードとホワイトカラーのスムースレザーのセミブローグモデル。他にもネイビースエードを使ったモデルも展開。ソールはレザーソール(写真はラバーソール仕様のサンプル)。▷ ¥43,000(6 月下旬発売予定)

スコッチグレインでは今季、「ONLY ONE」プロジェクトとは別に限定のモデルを展開する。ホワイトカラーのスムースレザーと、ボルドーまたはネイビーのスエードを使っ
たコンビオックスフォードだ。スペクテイターシューズをカラフルに表現したようなこのモデルは、まさにクラシックなスタイルを現代的に翻案したものといえるだろう。スマートなスクエアトウのラストは、このスタイルと相性がいい。ホワイトカラーのコットンシューレースが付属。シアサッカーのスーツや麻のジャケットなどとあわせて、夏らしいリラックスしたドレスアップを楽しみたい。
Next
Back

LAST Facebook page

back back next next
back back next next

LAST Shoe Closet

靴好きな男たちが集まる、唯一の場所。

靴好きが集まる「LAST Shoe Closet」は、人気ブランドの新作シューズや、シューマスターたちの愛用靴がまとめてチェックできる場所です。ここをチェックするだけで靴にまつわる最新情報が手に入ります。また、Facebookのグループに参加すれば、あなたも自慢の靴を投稿できます。

1. Facebookの「LAST Shoe Closet」のグループページで「グループに参加」をクリック。

2. 管理人によるリクエストの承認を待つ。

3. 承認されるとグループのメンバーとなり、写真や記事を投稿できるようになります。

Join the Group

・グループに参加すると、他の人のニュースフィードや検索時にあなたがメンバーであることが表示される可能性があります。
・特定の企業や個人の営利を目的とした宣伝活動を無断で行うことはご遠慮ください。勧誘行為も固く禁じております。
・Facebook上での不適切な投稿は削除させていただく場合がございます。
・スマートフォンからの投稿、また画像サイズが小さい投稿は、写真が小さく表示されます。

About LAST

LASTとは?

すべての紳士たちに向けた靴の専門誌です。こだわりを持つ男にとって、装いの要ともいえる靴を取り上げ、国内外の取材を織り交ぜながら、靴そのものの魅力と、靴を軸としたメンズスタイルの奥深い世界を紹介します。世界唯一の靴専門誌として、クオリティの高いヴィジュアルと、深い知識を備えた文章で、成熟した知性にとっても満足をもたらす誌面を追求していきます。タイトルの『LAST(ラスト)』は 、靴をつくる際に必要である木型(靴型)に由来します。