男の靴雑誌LAST

Features

issue_12

Ecco_title

「エコー」のフットウェアを支える、「エコーレザー」の品質。

photographs_Toru Ohshima, Takao Ohta
text_Yukihiro Sugawara

SOFT 8
ECCOの2017年春夏の最新スニーカー。アッパーに使ったシュリンクレザーのクオリティを活かす、ミニマル&シンプルなデザイン。ソールはダイレクト・インジェクション製法で、人間工学に基づいた木型のフォルムをしっかりと反映している。上より時計まわりに、ハイカットレースアップ¥28,000、ローカットレースアップ¥26,000、同じくローカットレースアップ¥26,000、ローカットベルクロ¥27,000。

SOFT 8
ECCOの2017年春夏の最新スニーカー。アッパーに使ったシュリンクレザーのクオリティを活かす、ミニマル&シンプルなデザイン。ソールはダイレクト・インジェクション製法で、人間工学に基づいた木型のフォルムをしっかりと反映している。上より時計まわりに、ハイカットレースアップ¥28,000、ローカットレースアップ¥26,000、同じくローカットレースアップ¥26,000、ローカットベルクロ¥27,000。

快適でスタイリッシュなシューズを手がける「エコー」。
その品質への追求の一環が自社タンナー「エコーレザー」の存在。
イベントそして代表者の発言から見えたのは、物づくりへの真摯な姿勢だった。

古くから革の産地だったオランダ・ドンヘンにあるエコーレザーのファクトリー。大型のドラムが並ぶ大規模な工場では、牛やキャメル(ラクダ)、ヤクといったさまざま原皮が扱われている。また、ファクトリーの2階にはデザイン・スタジオ「オープン・サークル・ラボ」があり。随時試作を重ねながら、斬新な革が研究・開発されている。色も質感も多種多様な革が棚に並ぶさまはそうしたファクトリーの実態を物語っているようだ。

古くから革の産地だったオランダ・ドンヘンにあるエコーレザーのファクトリー。大型のドラムが並ぶ大規模な工場では、牛やキャメル(ラクダ)、ヤクといったさまざま原皮が扱われている。また、ファクトリーの2階にはデザイン・スタジオ「オープン・サークル・ラボ」があり。随時試作を重ねながら、斬新な革が研究・開発されている。色も質感も多種多様な革が棚に並ぶさまはそうしたファクトリーの実態を物語っているようだ。

 デンマーク発のシューズブランド「ECCO(エコー)」。コンフォートな履き心地とコンテンポラリーなデザインのフットウェアで世界的に知られる同ブランドだが、靴の素材であるレザーを自社で生産していることは意外に知られていない。革の製造を行う「ECCO LEATHER(エコーレザー)」はオランダをはじめ世界に4つのファクトリーを持ち、自社製品向けはもちろん、2008年からは外部へのレザー供給も行なっている。身近な一例を挙げるなら、アップルウォッチのベルトの革には、エコーレザーが使われているという。近年ではデザイナーズブランドと協業し、インディゴ染めのレザーや温度で色が変わるレザーなど、斬新な製品を開発し、その創造性とクオリティは高く評価されている。

 去る3月末に銀座三越で開催された「エコー レザーファクトリー プチ」はそうしたエコーレザーの実像を知らしめるべく、まさに「小さな工場」を再現したイベント。前述のスペシャルな革の展示や製作実演のほか、エコーレザーを使った革製品をつくるDIYワークショップも開催され、多くの来場者が視覚だけでなく触覚を通じてその品質に触れることができた。このイベントにあわせ来日したエコーレザー代表のパノス・ミタノス氏は、エコーの靴にとってプレミアムレザーが最重要であり、ゆえに自社でレザーづくりまで一括運営・管理を行なっていると語る。そして「今後は革と異素材を掛け合わせ、全く新しいレザーを生み出したいと考えています」と話す。新しいレザーを使った新世代のフットウェアが登場するのも、そう遠い将来ではないはずだ。

パノス・ミタノス
エコーレザー代表兼エコー上級副社長。ギリシャの、1832年設立のタンナーの家に生まれ、幼い頃から革に親しむ。20代よりエコーで働き、2001年のオランダ工場設立から現職。デザイン・スタジオを設立し、クリエイターとのワークショップ「ホット・ショップ」を企画するなど、エコーレザーを担う存在だ。

パノス・ミタノス
エコーレザー代表兼エコー上級副社長。ギリシャの、1832年設立のタンナーの家に生まれ、幼い頃から革に親しむ。20代よりエコーで働き、2001年のオランダ工場設立から現職。デザイン・スタジオを設立し、クリエイターとのワークショップ「ホット・ショップ」を企画するなど、エコーレザーを担う存在だ。

「ECCO LEATHER FACTORY PETIT」が開催
3月29日から4月4日まで銀座三越を会場に開催された「エコー レザーファクトリー プチ」。日本とデンマークの外交関係樹立150周年記念の一環でもあり、初日にはデンマーク大使夫妻(写真右)も来場した。会場では白のレザースニーカーをその場でインディゴ染めする実演や、温度で色が変化する革「KROMATAFOR™(クロマタファー)」のデモンストレーションが行われた。またエコーレザーを使って、来日した工場の職人たちとともにトートバッグなどレザーグッズをつくるDIYイベントも連日開催され人気を博していた。

「ECCO LEATHER FACTORY PETIT」が開催
3月29日から4月4日まで銀座三越を会場に開催された「エコー レザーファクトリー プチ」。日本とデンマークの外交関係樹立150周年記念の一環でもあり、初日にはデンマーク大使夫妻(写真右)も来場した。会場では白のレザースニーカーをその場でインディゴ染めする実演や、温度で色が変化する革「KROMATAFOR™(クロマタファー)」のデモンストレーションが行われた。またエコーレザーを使って、来日した工場の職人たちとともにトートバッグなどレザーグッズをつくるDIYイベントも連日開催され人気を博していた。

information contact エコー・ジャパン tel.0120-974-010 jp.ecco.com/
Next
Back

LAST Facebook page

back back next next
back back next next

LAST Shoe Closet

靴好きな男たちが集まる、唯一の場所。

靴好きが集まる「LAST Shoe Closet」は、人気ブランドの新作シューズや、シューマスターたちの愛用靴がまとめてチェックできる場所です。ここをチェックするだけで靴にまつわる最新情報が手に入ります。また、Facebookのグループに参加すれば、あなたも自慢の靴を投稿できます。

1. Facebookの「LAST Shoe Closet」のグループページで「グループに参加」をクリック。

2. 管理人によるリクエストの承認を待つ。

3. 承認されるとグループのメンバーとなり、写真や記事を投稿できるようになります。

Join the Group

・グループに参加すると、他の人のニュースフィードや検索時にあなたがメンバーであることが表示される可能性があります。
・特定の企業や個人の営利を目的とした宣伝活動を無断で行うことはご遠慮ください。勧誘行為も固く禁じております。
・Facebook上での不適切な投稿は削除させていただく場合がございます。
・スマートフォンからの投稿、また画像サイズが小さい投稿は、写真が小さく表示されます。

About LAST

LASTとは?

すべての紳士たちに向けた靴の専門誌です。こだわりを持つ男にとって、装いの要ともいえる靴を取り上げ、国内外の取材を織り交ぜながら、靴そのものの魅力と、靴を軸としたメンズスタイルの奥深い世界を紹介します。世界唯一の靴専門誌として、クオリティの高いヴィジュアルと、深い知識を備えた文章で、成熟した知性にとっても満足をもたらす誌面を追求していきます。タイトルの『LAST(ラスト)』は 、靴をつくる際に必要である木型(靴型)に由来します。